4コマでわかるアロマテラピー

4コマ漫画で楽しくアロマテラピーについて紹介しています【アロマテラピー検定資格勉強応援サイト】

*

「トリートメントオイルの希釈濃度」

50

過去にも「トリートメント」という言葉が出てきていますが、ここで言うトリートメントとは、精油を植物油で希釈した”トリートメントオイル”を皮膚に優しく塗り広げていくことです。「トリートメント法」とも言います。(※マッサージとは異なります)

トリートメントオイルは植物油と精油を混ぜ合わせるだけで簡単に手作りすることができますが、ここで気をつけて欲しいのは精油の希釈(薄める)濃度!使用する箇所の敏感さによって濃度を調節する必要があります。AEAJではこの希釈濃度を ボディ用…1%以下 フェイス用…0.1%〜0.5%以下 と定めています。(注:専門家はこれよりも高濃度で使用する場合もあります)

しかし、これはあくまで目安なので、自身の肌質や体質、その日の体調などに合わせて調節して使用することをお勧めします^^

ちなみにトリートメントではなく「マッサージ」を行う(商売として)ためには、国家資格が必要です。しかし、実際は無資格で「マッサージ」と称して施術を行うお店もちらほら…いや、うじゃうじゃ…。。たかがマッサージでしょ?…と思われがちですが、正しい知識を持たずに行うと、相手を傷つけたり健康を損なわせたりしてしまう可能性もあるので注意が必要です。安心してマッサージを受けたい方は、お店やHPなどで資格の有無などを確認した上で施術を受けることをお勧めします。(この話は、また1級の法律の章で詳しくお話ししますね!)

 - アロマ検定2級編, 第4章:精油の基礎知識

  関連記事

「アロマオイルと精油って違うの?!」

久々のタネちゃんハナさんコンビ!今回はアロマ使う上できっと皆さん通ったであろう疑 …

「精油とは?」

アロマテラピーは、アロマ(芳香)を心と身体の健康に役立てる自然療法、植物療法のひ …

「精油の製造法3…揮発性有機溶剤抽出法」

  今回は揮発性有機溶剤抽出法について!う〜ん、いかにも難しそうな名前。簡単に言 …

「吸入法で喉スッキリ!」

風邪や喉を使いすぎた時に、吸入法はとっってもお勧め! わたしは喉が痛くなるといつ …

「持ち運べる香り」

オレンジスイートなど、精油そのものに色がついているものは染みになりやすいので要注 …

「注意3…光毒性」

柑橘系の精油は好きな方も多く、いろんなシーンで使いやすい香りなのですが、日光には …

「モテモテオレンジくん」

【精油名】スイートオレンジ 《植物名》オレンジ・スイート スイートオレンジ …

「仲良しトリオのオーストラリア旅行」

【精油名】ティートリー 《植物名》ティートリー《科名》フトモモ科《抽出部位》 …

「イメージング」

イメージングは、精油に親しむためにはもちろん、香りを記憶するためにもとても役立ち …

「精油の製造法2…圧搾法」

今回ご紹介する精油の製造法は「圧搾法」。簡単に言うと、しぼって抽出する方法ですね …