4コマでわかるアロマテラピー

4コマ漫画で楽しくアロマテラピーについて紹介しています【アロマテラピー検定資格勉強応援サイト】

*

「精油のもつ作用って?」

思いがけず悲しいオチになってしまった・・・
ミカン箱のエピソードはこちら

今回は精油のもつ作用について!アロマテラピーに興味のある方は、実は一番気になるところかもしれませんね。

試験対策としては、具体的な精油名と作用をあわせて覚える必要はありません。ここでは”精油”というものにどんな種類の作用が存在するかをしっかり覚えておきましょう。テキストの精油の作用例の部分は丸暗記すべしです。

ここにも少し例を挙げておきます。
<鎮静作用・保湿作用・ホルモン調整作用・虫よけ作用・免疫賦活作用・消化促進、食欲増進作用など>

もっと作用について知りたい方は1級以上の資格を目指してみたり、ご自身でいろいろ調べてみると楽しいかもしれませんね^^

1級編で登場する予定ですが、アロマテラピーに関する法律の中に、「〇〇精油は〇〇病に効きます!〇〇作用があります!などと謳って精油を販売してはいけない」というものがあります。これは、アロマテラピーが医療行為ではなく、精油も薬ではなく雑貨だからです。それにより、今回テーマにしている〇〇作用というものは店頭などでは耳にすることはありませんが、きちんとアロマテラピーを行う上では覚えておくべき大事なポイントです!(インストラクターやセラピストを目指されている方は、具体的な成分に対する作用などもっと詳しく学んでいきます)

 - アロマ検定2級編, 第4章:精油の基礎知識

  関連記事

「用具の選び方」

アロマテラピーを用途に合わせて楽しむためには、さまざまな「用具」や「基材※」を学 …

「トリートメントオイルの希釈濃度」

過去にも「トリートメント」という言葉が出てきていますが、ここで言うトリートメント …

「精油の製造法1…水蒸気蒸留法」

今回から連続で「精油の製造法(抽出法)」について描いていきます! 検定試験では水 …

「モテモテオレンジくん」

【精油名】スイートオレンジ 《植物名》オレンジ・スイート スイートオレンジ …

「精油の特徴的な性質<後編>」

今回は、前回ご紹介した精油の特徴的な性質5つ(「芳香性」「揮発性」「引火性」「親 …

「イメージング」

イメージングは、精油に親しむためにはもちろん、香りを記憶するためにもとても役立ち …

「ローズちゃん?のコンサート」

【精油名】ゼラニウム 《植物名》ローズゼラニウム《科名》フウロソウ科《抽出部 …

「精油の特徴的な性質<前編>」

精油には、「芳香性」「揮発性」「引火性」「親油性・脂溶性」という5つの特徴的な性 …

「注意1…基本」

「精油とは」の記事でもお話ししましたが、アロマテラピーにおける注意事項は検定試験 …

「注意3…光毒性」

柑橘系の精油は好きな方も多く、いろんなシーンで使いやすい香りなのですが、日光には …