4コマでわかるアロマテラピー

4コマ漫画で楽しくアロマテラピーについて紹介しています【アロマテラピー検定資格勉強応援サイト】

*

「とにかく明るい?クラリセージちゃん」

【精油名】クラリセージ

《植物名》クラリセージ
《別名》オニサルビア
《科名》シソ科
《抽出部位》花
《製造法》水蒸気蒸留法

クラリセージちゃんとラベンダーちゃんは共通点(科名、抽出部位、製造法などなど)が多いので仲良しな設定です☆笑

クラリセージは心が穏やかになる優しい香りで、個人的にはどこか紅茶っぽい香りのような気がします。(香りテスト対象精油なのでぜひ嗅いで確かめてみてくださいね^^)

名前の由来はラテン語の「Clarus(明るい)」で、古来、クラリセージの種子を煎じた液を目に付けると視界がはっきりしたことからそう呼ばれているとか。別名は「オニサルビア」。ちなみにこのオニは、実際は鬼とは無関係で(笑)、”大型の”サルビアという意味だそうです。

  • 内容変更:別名が出題範囲に追加されました。(2019/06修正)
  • 内容変更:抽出部位が花と葉→花へ変更になりました。(2019/06修正)

 - アロマ検定1級編, 第2章:精油のプロフィール

  関連記事

「〜現代〜マルグリット・モーリーのアロマテラピー」

今日の主役<現代/生化学者/マルグリット・モーリー> 今回の4コマは説明形式では …

「〜古代〜公衆浴場テルマエ」

今回のテーマは人物ではなく、「テルマエ」という建造物について。あの「テルマエ・ロ …

「〜現代〜ジャン・バルネ博士の活躍〜」

今日の主役<現代/医学博士(軍医)/ジャン・バルネ> 今回は、フランス人のジャン …

「〜現代〜アロマテラピーの命名」

今日の主役<現代/化学者/ルネ・モーリス・ガットフォセ> 久々の更新です!今回は …

「〜現代〜鳥居鎮夫先生の研究」

久々の更新です!今回の主役は、アロマテラピー検定の歴史の中に登場する唯一の日本人 …

「〜古代〜陶弘景の薬草学書」

今日の主役<古代中国人/陶弘景> 今回は古代中国!この時代でのキーパーソンは1人 …

「グレープフルーツくんの寝方」

【精油名】グレープフルーツ 《植物名》グレープフルーツ《科名》ミカン科《抽出部位 …

「〜古代〜植物学の祖テオフラストス」

ちなみにこの覚え方は大変くだらないのですが、実際に私がやって成功した覚え方です。 …

「〜古代〜博物学者プリニウス」

今日の主役<古代ローマ人/博物学者/プリニウス> 彼は歴史上もっとも有名な博物学 …

「〜古代〜医学者ガレノスのコールドクリーム」

タネちゃんとハナさん、化粧してもしなくても変わらないなぁ・・・ 今日の主役<古代 …